枕があわない、、というあなたに『正しい枕の使い方』

2020/01/04 ブログ
ロゴ

 

前回の記事の続きです。

 

 

前回の記事で枕の高さや柔らかさは関係ない!!

 

というお話をしました。

 

これは平たく言うと値段が高くても安くても関係ないということです。

 

ニ〇リさんの安い枕でも、西〇さんやシモ〇ズさんの高い枕でも、今はやりのオーダーメードの〇万円の枕でも寝起きは大して変わりません。

 

 

では、、、使い方のコツは

 

『枕は頭を乗せるものではなく肩から乗せるもの』

 

です。

 

頭を枕に乗せるのではなく枕に「頭・首・肩の上部」を乗せるようにしていきます。

 

 

基本的に日本人が枕を使って寝るときは頭だけを乗せてしまうのであごがひけた形になってしまい首の筋肉が硬直してしまうので起床時の辛さにつながります。

 

 

そもそも現在日本で使われている枕の形は欧米のベッド用の枕の形です。

 

洋画のドラマなどを見ていただくとわかりますが意外と肩や背中などから枕に乗っていることがわかります。

あわせてホテルなどに行った際の枕の大きさも割と大きいことが多いですよね。

 

ベッドでも布団でもマットレスなどお使いの際も枕の使い方だけ意識してあげるとグッと起床時の辛さは変わります。

 

 

お高い枕やオーダーメード枕をご購入の前にぜひ使い方を見直していただけたらと思います。